三脚の意味と種類

公開: 2022-02-08

三脚とは

まさにその名前が示すように(「tri」は「3」を意味します)、平均的な三脚はカメラを安定させるための3本足の構造です。 脚とは別に、このアクセサリにはヘッドもあり、写真やビデオの撮影デバイスを安全に取り付けることができます。 三脚はさまざまな方法で使用できます。 たとえば、次の場合:

  • 自撮り写真を撮る(タイマーで遅延を設定する必要があります);
  • 重い伸縮レンズまたはズームレンズを使用する。
  • 理想的な写真に最適な位置を見つける。
  • さまざまな組み合わせでさまざまな設定を試してください。
  • 非常に遅いシャッタースピードで芸術的な写真を作成します。

このようなデバイスを購入する場合は、三脚のさまざまなパラメータを考慮する必要があります。

まず第一に、それらの物理的寸法、材質、および重量–結局のところ、写真家のキットの重要な部分として三脚を着用する必要があります。 次に、三脚の頭と脚の種類が非常に多いため、それらの種類を検討する必要があります。 最後になりましたが、それらの機能と追加機能に注意を払ってください。

さまざまな種類の三脚

実際、一般的な分類はないため、さまざまな視点やシステムに応じて三脚のタイプを定義できます。

  1. 専門知識レベル

    専門家と初心者向けの三脚モデルは、多くの点で異なり、特に価格が異なります。 ビデオや写真の長い旅を始めたばかりの場合は、高価で複雑なギアに多額の費用をかけることには意味がありません。

    アマチュア向けのセットは通常、切り離せない脚と頭で作られています。 互換性のある部品はありません。 高度なシステムにより、より多くのカスタマイズが可能になります。 初心者に最適なのは、必要なすべての機能を備えた「オールインワン」三脚です。面倒なメンテナンスは不要で、リーズナブルな価格です。


  2. 撮影場所

    スタジオの三脚は安定性を高めるためにかなり重い傾向がありますが、旅行モデルはより軽く、より短くする必要があります。 また、デジタル一眼レフカメラや一般的なスマートフォンを含むほとんどのデバイスタイプと互換性がある必要があります。「屋外」での撮影中、写真家は機器を頻繁に変更できないためです。


  3. 三脚のサイズ

    卓上三脚には、手すりや柵に取り付けたり、平らな面に立てたりできるように、柔軟な脚が取り付けられていることがよくあります。

    ポケットモデルも非常に小さく、通常、脚と頭は切り離せません。

    背の高いソリューションは必要な場所で使用できますが、小さいソリューションほど便利ではなく、最先端のモデルは非常に扱いにくい場合があります。


  4. 材料

    アルミニウムは耐久性があり、信頼性が高く、安価ですが、この材料の欠点はその重量です。 もう1つのポイント–湿気や荒れた状態は、この金属を大幅に破壊する可能性があります。

    カーボンファイバーはより現代的なソリューションであり、この素材は錆びにくく、軽量でエレガントです。 残念ながら、それは非常に壊れやすいかもしれません、そしてそれは細心の注意を払って運ばれるべきです。


  5. ヘッドスタイル

    • スリーウェイヘッドは最も古典的なタイプで、垂直、水平、360度の3方向に移動します。
    • ボールヘッドはより軽く、より現代的で、制御するためのレバーとハンドルが少なくなっています。
    • ジンバルヘッドは主にプロの写真家によって使用されます。 かなり大きくて重いですが、最大積載量で伸縮レンズにも対応できます。 このタイプのヘッドは、カムの最後の位置を固定することもできます。
    • 流体ヘッドは、抵抗が最小で非常にスムーズに動くため、ビデオグラファーにとって理想的なギアと見なされています。

  6. 脚のスタイル

    • ロックを反転またはねじります。 前者は、伸ばした脚を選択した位置に固定するシンプルな「フリップ」を備えた使いやすいシステムです。 後者は、脚の要素をねじって固定する必要があるシステムです。 このシステムは汚れを入れませんが、経験の浅いユーザーにとってはもう少し複雑かもしれません。
    • 脚番号。 三脚の大部分は3本の脚を備えていますが、写真家が重いカムを保持し、揺れやけいれんを最小限に抑えるのに役立つ1本の脚を備えた一脚もあります。 また、2本足の構造を見つけることができます。

三脚の選び方

いくつのガイドを読んでも、予算の制限、撮影条件、専門知識のレベルを知っているのはあなたであるため、100%明確で決定的な答えを見つけることはできません。

しかし、どの三脚を選択しても、写真や録音の品質を向上させるのに役立ちます。 また、撮影後の編集をすばやく行うために、いつでも無料のオンラインツールを使用できます。